ホーム > 担当教員

担当教員

 フレックスコースの教育を担当する教員は主担当教員と科目担当教員から成り,山形大学工学部における全分野にまたがっています.したがって,学生はどの教員の研究室で卒業研究を実施したいかを広い領域で検討することができます.また,科目担当教員として機械システム工学分野,電子情報工学関連分野,物質化学工学分野および技術経営学分野から,約60名の教員が担当します.

主担当教員 (学科の教育カリキュラム設計と学生指導を担当) ※50音順

秋山 孝夫

秋山 孝夫 機械システム工学分野

むだ時間や分布定数を有するシステムは,そのふるまいが過去の履歴に依存したり,無限次元システムとなるため,制御系設計においては特別な工夫を必要とします.また,広い範囲の動作点を有する制御システムでは,制御対象の非線形性を考慮した制御系設計が求められます.これらのシステムに対する制御について,主として理論面からアプローチしています.ここでの研究活動を通じて,学生には社会人基礎力の一つである「考え抜く力」を身につけてほしいと願っています.

飯塚 博

飯塚 博 機械システム工学分野

昭和29年千葉県生まれ,平成15年山形大学教授.専門分野は機械工学・材料強度学・設計工学.自動車用および産業用ベルトの強度と破壊,撚りコードの強度,農業系副産物の工業材料としての有効活用を研究しています.
モットーは,研究は楽しく有意義に.
最近読んだ本:すらすら読める方丈記,徒然草(中野孝次),葉隠入門(三島由紀夫),フランス革命の省察(バーク),禅八講(鈴木大拙).

研究室HP HP

木俣 光正

木俣 光正 化学バイオ分野

1989年山形大学工学部化学工学科卒,2000年から山形大学助手,博士(工学)(山形大学1997年)2001年バーミンガム大学在外研究員,2015年10月からシステム創成工学科教授。専門は化学工学,物理化学。粉砕または合成反応による機能性ナノ粒子の調製および粉体のシミュレーションに関する研究を行っています。「粉」は,固体でありながら液体のように容器に入ったり,気体のように宙に舞ったり,非常に特異な性質を持つため,とにかく手を動かして実際に実験してみることが重要です。

久保田 繁

久保田 繁 情報科学分野

1994年東京大学航空宇宙工学科卒.三菱自動車工業を経て,2004年より山形大学.2009年ピッツバーグ大学客員研究員.工学博士.生物が行っている優れた情報処理の仕組みを理解するため,神経ネットワークの理論解析を行っており,パーキンソン病・強迫性障害といった脳の病気,大脳皮質のシナプス学習,神経活動と遺伝子発現の相互作用に関する数理モデルを提案しています.また,有機エレクトロニクス研究センターにおいて,太陽光発電システムの数理的 解析も行っています.

研究室HP HP

宮 瑾

宮 瑾 機械システム工学分野/有機材料システム分野

山形大学理工学研究科・システム創成工学科助教.鄭州大学(中国河南省)高分子材料科学与工程学院修士課程修了後2005年日本に博士留学.2008年岡山大学大学院環境学研究科博士後期課程修了(博士(学術)).博士研究員,会社員,特任助教を経て,2015年より現職.
専門:高分子,ゲル,結晶,合成,3Dプリンティング
趣味:サウナ,卓球,バドミントン
好きな食物:野菜,果物,鳳爪(もみじ)
苦手なもの:爬虫類,格闘技映画
一言:機会があれば海外留学をしてみてください.異文化とふれあって考えや視野が変わるような体験ができると思います.

研究室HP HP

兒玉 直樹

兒玉 直樹 ものづくり技術経営学分野

HDD(ハードディスクドライブ)に代表されるデータストレージシステム,デバイスの製品化における研究開発設計プロセスとマネージメントが専門です.企 業活動のサイトが日本以外にあったり,サプライヤー,カスタマー,エンドユーザ含め複数国にまたがり,その多様な組合わせがグローバル化です.製品開発には,国際標準化も考慮した,製品化グローバル戦略プロジェクトのマネージメントが必須です.「技術の目利」を意識した着眼点を明確にしたマネージメントの 研究を進めています.

近藤 康雄

近藤 康雄 機械システム工学分野

大阪,茨城(途中東京にも),鳥取とアチコチ渡り歩き,2011年3月から山形暮らしです.その間,材料工学,原子力工学,機械工学と複数の研究室に所属 しましたが,共通キーワードは「環境・エネルギー」です.現在は,「機械加工における環境負荷の低減」を目指して,環境に配慮した加工法や工作機械に組み 込む環境対策機器・システムの開発を行っています.機械・材料・化学工学が絡む複雑怪奇な分野ですが,やってみると意外に面白いですよ.

柊 紫乃

柊 紫乃 ものづくり技術経営学分野

お茶の水女子大学大学院人文科学研究科修士課程,愛知工業大学大学院経営情報科学研究科博士後期課程修了,博士(経営情報科学).専門分野はものづくり管理会計,組織能力,地域連携等.『ある組織で,構成員が「毎日頑張っている」ことと「会社が上手くいく」ことが,どうすれば真っ直ぐに繋がるか』を解明するため,現場と経営の数値管理,組織マネジメント,人材育成,外部連携,地域活性化・・その他諸々を研究しています.実際の企業現場での議論・分析から,理論の構築と検証を目指しています.

廣瀬 文彦

廣瀬 文彦 電気電子工学分野

1992年東北大学工学研究科博士課程後期修了.1992年~2003年三菱重工業.2003年11月より山形大学工学部
目標:一回しかない人生だから思う存分研究をしたい.100年たっても後世に語り継がれる人に役立つ技術を作ること.

研究室HP HP

古川 英光

古川 英光 機械システム工学分野

学生時代から一貫して,ソフト&ウェット材料であるゲルの研究に取組んでいるゲル大好き人間です.その間,固体物理,高分子・ソフトマター物理,高分子化学,生命科学など,各分野の第一線の研究グループに所属する機会に恵まれ,多角的にゲルを探究してきました.山形大には2009年に着任し,ゲルの科学と機械工学を融合する新分野として「ゲルメカニクス,ゲルフォトニクス,ゲルロボティクス」の開拓を目指したソフト&ウェットマター工学研究室(略称: SWEL) を立ち上げ、世界初の3Dゲルプリンターの開発を進めています.
博士(理学) (東京工業大学,1996年)

研究室HP HP

真壁 幸樹

真壁 幸樹 バイオ化学工学分野

山形大学理工学研究科・システム創成工学科准教授.2005年東北大学大学院工学研究科生物工学専攻博士課程修了(博士(工学)).2008年まで米国シカゴ大学生化学分子生物学科博士研究員.2012年まで自然科学研究機構分子科学研究所・岡崎統合バイオサイエンスセンター助教.2012年4月より 現職.専門分野はタンパク質の構造形成原理の解明と設計.

研究室HP HP

担当職員(事務・技術)

事務補佐員  長谷部 牧子

技術支援  菊地 新一

ページトップへ